L-フコース


海藻には褐藻類、緑藻類、紅藻類などがあり、褐藻類にはフコイダンが多く含まれ(もずく、わかめ、昆布など)、ヌルヌル成分から抽出した多糖類の一種がフコースです。
フコースとは褐藻類の中に含まれる物質であり、主成分が硫酸化フコースである糖鎖の総称です。

近年、学術総会などの場でフコースに関しての学術論文が数多く発表され、非常に高い注目を浴びています。


(L-フコースの構造)

 

フコースの分子は鎖状に繋がっています。人間の消化吸収においてのメカニズムは確認されていません。よって分子の大きさは関係ありませんが、何らかの方法によって取り込まれるであろうとされています。
弊社硫酸化フコースの20〜30%の吸収率は、研究所により確認されています。